ダイレクト自動車保険は検討の価値がある

クルマって楽しいし、便利だけとお金がかかります。
そこがネックとなってるんだけど、今回クルマの維持費の1つである
自動車保険について見直ししてみたら、結構安くなったのでご紹介します。

自動車保険は安い会社がイイに決まってる

当然ながらみんなそのように考えますよね。

しかし、実際にいろんな会社で見積もりして比べることって面倒だったりし
案外クルマを購入したときに勧められた会社をそのままずっと更新してる人も少なくないようです。

保険料の安さが人気のダイレクト自動車保険

最近安いということで評判のダイレクト自動車保険を検討してみました。
単純に安いだけでは困っちゃうのが保険です。

保険に入る理由はもしもの事故時に補償してもらうために入ります。
勝手なイメージで、ダイレクト自動車保険だと事故時の対応が不安と思ってたんです。
きっと同じように対応が不安でダイレクト自動車保険を使わない人もいるはずです。

でも、安心しちゃって大丈夫です!

ダイレクト自動車保険が重要視してる事故対応

最近はダイレクト自動車保険会社の多くが事故対応満足度に重点を置いています。

だいたいどこの会社のHPにも満足度調査結果が公表されており、
ダイレクト自動車保険だからといって、対応が悪い、不満が多いということはないです。

自社アンケートなので多少は疑問点もありますが
そんなことをいったら何もはじまりません。

今はネット上のクチコミなんかも盛んになってるため
対応が悪いとあっという間に広がっちゃいます。
そんなこともあって顧客満足度に重点を置くようになったのだと思います。

つまり、ダイレクトだから対応が適当なんてことはまったくなく、
むしろダイレクトな自動車保険を使う世代というのはネット世代のため
逆に対応をきちんとすることで、ネット上での評判を高めたいという保険会社側の狙いがあるはずです。

少しでも安く入るためのコツ

自動車保険の安い会社を探す方法は見積もりしてみるのが一番です。
しかも、一度に何社へも依頼できる一括見積もりを使うのがとっても便利です。
なかでも人気なのが三井ダイレクトです。その名前のとおりでダイレクト自動車保険なんだけど保険料が安くなるケースが多いということで評判です。

自動車保険って制度が複雑だし補償プランを選ぶのが面倒だという人もいると思いますが
そんなときは一括見積もりのスタンダードプランを選んで見積もりしてみるのが良いでしょう。

一般的に選ばれる内容となっているため、どこか補償に不安が残るということはないはずです。

あとは、車両保険の有無を検討しておけば問題ナシです。

車両保険をつけることで自損事故にも対応できますがその分、保険料は大きくアップしちゃいます。

少しでも安く抑えたいのがホンネだと思いますので、
車両保険の免責設定で金額を高めにしておくことを検討してみてください。